目を凝らしてみたら・・・

八ヶ岳の原生林。
急な登りにあえぎながら重い足を運ぶこと、数時間。

しばしの休憩時間に出あった、この子たち。

あら!こんなところに、テントウムシ?
いいえ。
アブラムシを捕食することで益虫とされてるナナホシテントウに、姿形は一見良く似ています。
でも星の数が明らかに多すぎました。
ナナホシテントウではありません。
野菜を食害することから、テントウムシダマシと呼ばれることもある、ニジュウヤホシテントウです。

いったいどうしてこんな深山に迷い込んでしまったのでしょう。
誰かの洋服にでもくっついたまま、運ばれてきてしまったのかもしれません。
いずれにしても、ここはあなたの場所ではないのではないかしら。

場違いなところに迷い込んでしまったテントウムシダマシ君、どことなくムーミンに出てきたニョロニョロを思わせる地衣類の林の中で、行き惑い、途方にくれているようにも見えてきました。


画像


小さな茸のような不思議な形をした、銀色の地衣類。
地衣類とは、極めて背の低い光合成生物です。
菌類と藻類との共生が高度に進化したものともい言えるかもしれません。
藻類の光合成産物によって菌類が生活し、菌の形成する小さなキノコ状の子のう胞子によって繁殖するのだそうです。

写真に撮ったこの地衣類の名前は特定できませんが、子のう胞子の形状から、皿状の裸子器(らしき)ではないかと思われます。






画像


こちらはまるで波間に揺れる海草、海松(ミル)のような地衣類。
やはり美しい銀色です。
そっと手を触れてみると、ミルとは違い、針金のような、思いもかけない固さです。






画像


木漏れ日の中、明るい黄緑色した羽のような葉を、優雅に広げていたのは羊歯。
完成された美しさ。
おそらくは、八ヶ岳の噴火の際飛ばされたのであろう大きな石の表面の、わずかばかりの土の上にしっかりと根を張っていました。

朽ち果てる寸前の倒木の上で、小さなジャングルを形作っていた地衣類や苔類とともに、過酷な自然環境の中で生きる愛おしい生き物たちです。



この記事へのコメント

イエローポスト
2007年08月11日 07:43
地衣類:山の深海に届くかろうじてでもない光を受けて、テントウムシだましの親善大使ですね。自分は斑点のある燕尾服をきての訪問ですか。
山にもアフロヘアの植物がいるのですね。八岳に行くには相当のオシャレが必要ですね。
2007年08月11日 19:38
テントウムシダマシ!そんな虫がいるんですね!初めて聞きました。
思わず画像を拡大してホシの数を数えてしまいました、確かに多いです(^◇^)
それにしても、森の地衣類、何て涼しそうな光景でしょう。
2007年08月11日 22:37
うむむ・・・!
そう言われてしまうと、もはやニョロニョロにしか見えません。
ニョロニョロに間違いありません!
Stanesby
2007年08月11日 22:55
イエローポストさんのコメント、充分お洒落です。
2007年08月11日 23:20
このまま青っぽくしたら海底ででも通用しそうで面白いですね~
わたくし、やはり人間は非日常を求めるのか、海よりも高原、高山に行ってみたいのです!
2007年08月12日 05:42
◇イエローポストさん、おはようございます。

素敵なコメントをありがとうございました。
「山の深海」本当にそのように見えてまいりました。
テントウムシダマシ君、親善大使であると同時に、探検家でもあったのですね!あんな思いもかけないところを独り歩いていたのも、それならばうなずけますね。
2007年08月12日 06:01
◇うさみさん

>思わず画像を拡大してホシの数を数えてしまいました

私も数えてみました(笑)
でも星20はありませんよね。
何故「ニジュウヤホシてんとう」なのでしょう?

森の中、涼しいですよ。
空気はひんやり、道沿いには八ヶ岳から下る川の心地よい水音を聴いていると、まるで海の底にでもいるような気がしてきます。
2007年08月12日 06:05
◇ねこまっくさん

コメントありがとうございます。

>ニョロニョロに間違いありません!

これでお墨付きをいただきました!
八ヶ岳はニョロニョロのふるさとだった!!
登山道、前後して歩いているのは、あれはムーミン?!
2007年08月12日 06:13
◇Stanesbyさん、おはようございます。

>イエローポストさんのコメント、充分お洒落です。

ほんとうに!
テントウムシダマシの赤は小さいながらも、緑の中でポチンと一点目立ちました。

意外性、というのもお洒落に見せる一つの方法かもしれません。
いつも意外性に富んでいらっしゃるStanesbyさんも、十分お洒落です。(笑)
2007年08月12日 07:50
◇ふくやぎさん

>このまま青っぽくしたら海底ででも通用しそうで面白いですね~

地衣類って、本当に海草のように見えますよね。
羊歯だって立派に海草しています!(笑い)
私の非日常は「海」。
でも海と山って、もしかしたら同じだったんですか?(笑)
深~い地底で繋がっていたとか・・

この記事へのトラックバック