シャルパンティエ 「真夜中のミサ」 4声合唱、リコーダーと弦楽器のための

 クリスマスはあわただしく過ぎていきました。
盛りだくさんのプログラムに加えて、娘の洗礼式もあり、私が何を準備すると言うわけでもないのですが気持ちが落ち着かないままアドヴェントが過ぎ、23、24、25日と連日聖歌隊で歌い、ブログに手をつける余力がありませんでした。
 時期をはずしてしまうと、今更クリスマスの記事でもないかな・・・と弱気になっていたのですが(笑)、CDラックを物色していた私の視界に飛び込んでできたのがこの一枚。

マルカントワーヌ・シャルパンティエ「真夜中のミサ」H9
< 4声合唱、リコーダーと弦楽器のためのクリスマスのミサ曲>
        マルタ・ミンコフスキー指揮 ミュジシャン・デュ・ルーブル合唱団
                       
画像


「王は踊る」という映画をご存知でしょうか?
あの「太陽王ルイ14世の時代、一世を風靡したジャン・バティスト・リュリ(1632~1687)をモデルとした映画です。
当時、音楽を指揮をするにあたって使用したのは、現在のようなタクト(指揮棒)ではなく、固くて重い杖のようなものでした。
指揮者は、この杖で床をたたき、リズムを取って「指揮をした」のです。
リュリも当然そのようにして指揮をしていたわけですが、運が悪かったことに、その杖で自分の足を突いてしまい、その傷が悪化して壊疽でなくなりました。
男女関係のスキャンダルも多く、映画にもなるくらい波乱に富んだ人生だったようですが、ルイ14世の寵愛を一身に受けた彼の権威は絶大で、シャルパンティエ等、他の作曲家が宮廷で活躍する機会はまったく与えられませんでした。

 宮廷音楽家への道を閉ざされたシャルパンティエ(1634~1704) は教会にその活動の場を求めました。
華やかで流麗なリュリの音楽とは一味違う、優しさとつましい美しさにあふれたシャルパンティエのミサ曲を聴きながら、あわただしく過ぎていった今年のクリスマスをもう一度祝いたいと思います。

その題名にもあるように、このミサ曲ではリコーダーの音色が、柔らかく優しく美しく、バロック・ギターの典雅な響きと相まってなんとも暖かなクリスマスの喜びに満ち溢れた曲となっています。
 カトリック教会では、(もしかしたらプロテスタント教会のなかでも宗派によっては)クリスマスの24日から25日にかけての深夜にミサが捧げられます。
貧しい大工の息子として小さな馬小屋で産声を上げた幼子イエス。
その誕生を真っ先に知らされたのは、貧しい羊飼い達でした。
何の贈り物を携えることもなく、ただ「救い主がお生まれになった」という喜びだけに胸を躍らせ、星に導かれ馬小屋を訪ねた羊飼いたちの素朴で純粋な信仰。
シャルパンティエのこの曲は、この羊飼いたちと同じ迷いのない真っ直ぐな祈り、偽りのない望みそのままです。
このシャルパンティエの曲には、10曲のノエル(フランスに伝わるクリスマスの歌)が使われています。
人々に歌い継がれたきた古くからのメロディーは、暖かで素朴な美しさに満ちています。

10曲のノエルの多くは舞曲風です。
ブーレがあり、ガヴォットがあり、メヌエットがあり、その旋律に乗って歌われる、典礼に基づいた歌詞との不思議な調和。
「グロリア」「クレド」の合唱の高貴さ、美しさ。


つつましやかなクリスマスの夜の平和。
この「真夜中のミサ」こそはキリスト誕生のお祝いに、相応しいように思えてなりません。



"シャルパンティエ 「真夜中のミサ」 4声合唱、リコーダーと弦楽器のための" へのコメントを書く

お名前
メールアドレス
ホームページアドレス
コメント