フォーレ『レクイエム』とミレー『春』 / 内在する希望



 フォーレの「レクイエム」が無性に聴きたかった。
どちらが好きと問われれば、モーツァルトのレクイエム、と答えるかもしれない。
だがしかし、フォーレでなければならないときがある。

 ひたすら天の高みへと収斂していくモーツァルトではなく、凍えた冬の大地を潤し、春の目覚めへと誘う慈雨のようなフォーレのレクイエム。
そこには一点へと集束されていく高潔な祈りとはまた少し違う、ひそやかな春の雨のような、流れる涙のような、降り注ぐ憐れみと慰めがある。
安寧に満ちたまどろみは、死をも、豊穣な祝福をもって受容するかのごとく拡散していく。
ここには神と人との乖離はない。
生と死も、緩やかに互いの手を組み、淡い光りの中で微笑み交わしているかの音楽。
それがゆえに、時として「キリスト教的でない」と言われるこのフォーレのレクイエムではあるが、ミース・ファン・デル・ローエの「細部にこそ神は宿る」という言葉に思い至れば、この「汎神論的」レクイエムもまた、神への祈りの表れそのもであることに気づかされる。

モーツァルトのレクイエムが垂直線上で神に出会う音楽だとしたら、このフォーレのレクイエムは、水平線上の一点から一点へと、神と人とが限りなく近づいていく音楽のような気がする。

死は忌むべきものではない。
死は、「生」が行き着くところではなく、そこから始まる新たな希望を内在させるもの。
フォーレのレクイエムからは、その内在する希望の、静かで暖かい息遣いが聞こえて来る。

画像

                      ジャン・フランソワ・ミレー「春」(1863~1873年)

ミレーの『春』・・・
 暖かな水蒸気の気配が、煙るように柔らかく大気に満ちている。
雨はまだ上がったばかりだ。
空の大半を覆っている雨雲の切れ目から、眩しい青空がのぞき、射し初める光の中で二つ重なった虹が輝いている。
幻のような輝きの中を、暗雲は退くように上空の風に流されていく。
空には静と動の激しい交代のドラマがある。
対する大地は穏やかに潤っている。
雨も太陽の光りも、今や豊かな実りを約束する大いなる恵みとして万物に降り注いでいる。  




   主は我々を引き裂かれたが、いやし
   我々を打たれたが、傷を包んでくださる。
   二日の後、主は我々を生かし
   三日目に、立ち上がらせてくださる。
   我々は御前に生きる。
              
   我々は主を知ろう。
   主を知ることを追い求めよう。
   
   主は曙の光りのように必ず現れ
   降り注ぐ雨のように
   大地を潤す春雨のように
   我々を訪れてくださる。
                     ホセア書 6:1~3 

                          <3月27日に逝った人の思い出に・・・>


この記事へのコメント

2007年03月30日 08:12
aostaさんの想いが伝わってくるようなブログですね。
昨夜の激しい風に少し散りましたが桜が満開です。
Stanesby
2007年04月03日 07:19
世に数あるレクイエムを、動から静へと渡る一本の線分上で考えますと、私の知っている作品では、ヴェルディのレクイエムが"動"の端にあり、モーツァルトを含むその他の数多の作品は動と静の線分上に点在しているように思います。そしてこのフォーレのレクイエムは、"静"の端にあります。

人間界において、天に召された人も、送る人も、心の動きがあります。それを表現しているのが、フォーレ以外のレクイエム。そしてフォーレのそれは、すでに天上にいってしまわれたかのような音楽です。全てがイン・パラディズムに向かって収束していくような、そんな音楽に感じています。

天に昇られた、かもとり権兵衛さんを偲んで。
Stanesby
2007年04月03日 07:24
とある美術館で、ミレーのこの絵に初めて出会いました。ミレーの数ある作品が展示されていたのですが、私はこの絵に目が留まりました。落穂拾いくらいしか知らない私ですが、何かこの画にはミレーの印象を覆すようなものを感じました。それは何なんでしょう。彼の絵から受ける、左右の広がり、広さがまずこの画にはないんですね。前後の奥行きを描かれていますね。しかし奥行きは建物によって遮られている。普通の構図なのですが、ミレーなの? と、ちょっとした違和感を覚えました。

美術館をあとにして、このブログを見ましたときに、「あの画だ!」って思いました。不思議なものです。
2007年04月03日 09:32
◇Stanesbyさん
 おはおようございます。
コメント有難うございます。

>そしてこのフォーレのレクイエムは、"静"の端にあります。

Stanesbyさんの仰っていることわかるような気がします。
確かにフォーレのレクイエムは、「動」よりも「静」。
静まり返った水面に滴り落ちる水滴。
波紋のように広がっていく哀しみと祈り。
そういえば、イン・パラディズムの分散和音は、どこか静かな水音のようにも聞こえてきませんか?

>天に昇られた、かもとり権兵衛さんを偲んで。

有難うございます。
今頃何をしているのでしょう?
天の楽の音に耳を傾けつつ、微笑んでいるような気が致します。
2007年04月03日 09:51
◇Stanesbyさん

確かにこの作品「春」には、私の知っているミレーの印象とは、違う何かがあります。
広がりと奥行き。光と影。動と静。
この絵の中で射している光は、時間を感じさせない光。
どこから射しているのかも定かでない不思議な光りです。
この写真ではよくお分かりにならないと思いますが、中央の道の奥にある木の陰に一人の男の人が佇んでいます。
ミレーは何の意図を持ってこの人物を描いたのでしょう。
花盛りの木々。
手入れの行き届いた畑。
大地は何かの訪れを待つかのように潤って鎮まり返っています。
この世のものとも、あの世のものとも思えない不思議な輝きに満ちた世界。

>美術館をあとにして、このブログを見ましたときに、「あの画だ!」って思いました。不思議なものです。

不思議な偶然、嬉しいです(^^♪
従来の写実的なミレーの作品には見られない非現実の世界がここにはあります。




JF
2007年10月10日 11:00
フォーレとミレーの絵を並べていらっしゃるのを とても自然に思います。静けさ以外の なんと言うか 空気が似ているような気がします。
フォーレのレクイエムは私も好きです。モーツァルトでなくフォーレのをお聴きになりたい時があるのも なんとなく解ります。

私がフォーレのレクイエムに出逢ったのは小6の頃です。父がクラシックが好きで毎日何か聴いていました。そう、フォーレの Pie Jesu と Sanctus が大好きになってしまって(歌詞もちょっとしか無い(笑)、毎日レコードと歌っていたら父に叱られたんです(~_~;)鎮魂歌なんだから毎日歌うもんじゃないって。でも、美しいものは子供の心に響くんだと思います。そして ただ 安心して 心を任せていれば良いような気がするんです。

aosta さんのブログは本当に素敵ですね(^^)私は音楽の仕事をしているのに怠け者だから勉強が足りなくて大人になっても父に叱られっぱなしです。
ここに来るといろんなことを学べそうだからまた遊びに来ますね(^^)よろしくおねがいします。
2007年10月10日 11:09
どうもブログというのは不慣れで・・・今度はうまく入るかな・・・
2007年10月11日 07:56
◇JFさん

こちらにもコメントありがとうございました。
JFさんのお父様もクラッシクがお好きだったのですね。
それにしても小6でフォーレですか?
私はずっと後、二十歳を越えてからの遅い出会いでした。
Pie Jesu と Sanctus、本当に美しいですね。私はルベラ・メも大好きです。
2007年10月11日 07:58
◇JFさん

続きです(笑)
音楽のお仕事をしていらっしゃるというJFさん、私は音楽がただ好きというだけ、感性だけで聴いている人間です。
そのことにコンプレックスを感じていた人間でもあります。
でもあるときそれは違うでしょ、と教えてくださった方がいます。

>ただ 安心して 心を任せていれば良い

言葉は違いましたが、同じような意味のことを言ってくださいました。
楽器の演奏はおろか、楽譜もろくに読めません。
でも、音楽は私にはなくてはならないものです。
音楽への想いがつのって言葉になります。
ブログという媒体を通じて、その言葉に共感してくださるかたと出会えることは、とっても素晴らしいことだと思います。
こちらこそ教えていただくことが多くなりそうな予感がしておりますが、どうぞよろしくお願いいたします。

URLありがとうございました。
こちらからもお邪魔させていただきます!
やっちゃばの士
2008年03月25日 12:39
aosta様
コメントありがとうございました。
モーツァルトとフォーレのレクイエムはどちらもすばらしいですね。よくこの両者は「動」と「静」などと言われますが、「死」に対する見方、もっと言えば「神」に対する見方のちがいが曲に表れていると思います。前者のとらえ方は人間に対峙するものとして、後者は人間の側に立つものとしてとらえていると思います。
 
 神には「父なる神、審判の神、厳格なる神」とするとらえ方と、「母なる神、慈悲深い神」とするとらえ方があるように思われます。後者については表現が適切ではないかもしれませんが「母なる大地の恵み」に感謝するといったとらえ方です。日本人は汎神論的な後者のとらえ方の方がしっくりくるのではないかと思います。それにしても、ミレーの絵はすばらしいですね。

この記事へのトラックバック

  • フォーレ ラシーヌ雅歌

    Excerpt:  目を閉じて聴いていると、開いた両の手のひらに、天の高みから密やかに光る何か暖かいものが降り注いでくるような美しさ。 柔らかなオルガンの響き、明るく穏やかで平安に満ちた曲調の中に敬虔な祈りがあり.. Weblog: 消えがてのうた racked: 2007-03-29 15:15
  • ◆IL DIVO◆ フォーレ 「レクイエム Op.48」

    Excerpt: Faure "REQUIEM Op.48" URL : http://papalin.yas.mu/W501/ Weblog: ローズガーデン・むとう & クラシック音楽 racked: 2007-04-03 13:00
  • フォーレのレクイエム

    Excerpt:  昨年、季節労働者のつもりでちょっと入った合唱団を結局続けることになった。今年になって練習を始めたのはこの曲。 Weblog: 春日町まで racked: 2008-03-23 20:54