空飛ぶスカンク



土がむき出しになった土手の斜面。
なにやらいくつも穴が開いています。

そこから顔を覗かせているのは スカンク。
鼻先を突き出したかと思うと次々に 穴からとび出していきます。
艶々とした黒い毛並みに白いライン。
背中には申し訳程度の羽根しかないので、しばらくするとみな地面に降りてきます。

あらあら・・・
スカンクって空を飛ぶんだわ。
空飛ぶスカンク。



画像

スカンクのブックエンドみつけました なかなかお洒落です




明け方に見た不思議な夢。
別におならを我慢していたわけでもないのに、なぜスカンクなのかしら。

スカンクといえば、「臭い」イメージが先行して貧乏くじ引いているみたいですが、
ディズニー映画「バンビ」の中に出てきたスカンクはチャーミングな女の子だったように記憶しています。
実際の生態はまったく知りませんが、雑食なのかしら?
そして、夢で見たように、土の中の穴に住んでるの?


それにしても不思議な夢。
それにしても、そのことを目覚めてすぐ ブログに書いている私も不思議・・・(笑)






この記事へのコメント

2008年09月20日 09:30
どうして空飛ぶスカンクなのか、面白い夢でしたね。これで夢占いをしてみるとどうなるのか・・・
かわいいブックエンドです。並んでいる本も迷作ぞろいです。
2008年09月20日 17:35
スカンクの背中に羽ですか・・・。

自分もここ数日、寝苦しいのか、
まったく見たことのない人が、何人か出てくる夢を見ました。
夢で、見たことのない人を見るなんて
不思議だと思いませんか!?
2008年09月20日 20:21
スカンクって私もディズニーの映画のイメージです。
実物はどんな動物なのでしょう?
すごく寓意のありそうな夢ですね!私の見る夢はいつも超現実的で、ある意味つまりません。
2008年09月20日 21:39
◇森の生活さん

>どうして空飛ぶスカンクなのか・・・

私にも謎です。
黒いスカンクばかりでなく、なぜか銀色のスカンクもいて、降りた先で群れてるんですけど、まるで遠目に見るバッファロー見たいに群れてるんです。私は高台のようなところから見てるんですけど、気がつかれたらどうしよう、と・・・おっかなびっくりで覗いていました(笑)。

>並んでいる本も迷作ぞろいです。

私もこのタイトルには笑ってしまいました。なかなか凝ってます♪
2008年09月20日 21:43
◇pale moon さん

もう少しロマンティックな夢のほうが良かったのですが、なぜか「スカンク」。
眼が覚めてまもなく、まだ頭がぼんやりしてるのになぜかPCを開いた私。何だかスカンクにせかされてでもいるような気がして・・・(笑)

見たこともない人が出てくる夢ですか?
ちょっと怖いような気がします。
2008年09月20日 21:53
◇うさみさん
 こんばんは。

>スカンクって私もディズニーの映画のイメージです。

そうですそうです♪
花畑でバンビとフラワー(スカンクの名前、フラワーでしたよね?)が出会うシーン、素敵でした。確かフラワーは頭に花飾りをつけていたような・・・

寓意的かどうかはあまりよくわからないのですが、妙な夢です。
予知夢ではなさそうです(笑)。
私の場合、かなりリアルな夢とシュールな夢と半々くらいでしょうか。
子供のころ見た夢、20代のころ見た夢でいまだに鮮明に覚えているものもいくつかあります。ストーリーを覚えている、というより、その夢を見ていたときの気持ちを覚えている、という言い方のほうが当たっているかもしれません。夢を見ていた時のすごく哀しかったり、ドキドキしていたりした気持ち、夢とは思えないほどまざまざと覚えています。
今でも「あれはなんだったのかしら。」と時々思い返す昔の夢がいくつもあります。
2008年09月21日 11:03
スカンクの生態は私も知らないのですが、普通スカンクのイメージは悪いものではないけれど、あまり好まれない動物ですよね。
素人ですが勝手な分析(?笑)をすると、気が重かったことが明るみに出て、スッキリする方向に向かっているのでは?またはそれを望んでいる?スカンクは対象へのイメージ、羽根は解放への手段、でも完全に自由になるには不十分な小さな代物、しばらくしてみな地面に降りてくるというのもそれからの全くの解放はないということを分かっているから?
などと、私は自分の見た夢の不思議さを理解したくて時々こじつけを考えることがあるんです。夢という疑似体験によって、気持ちの持ちようも変わるようなこともあります。失礼しました。
この記事とお写真から、私のスカンクのイメージは良い方向に向きました。こんなにスカンクという文字を打ったこともないので、なかなか私好みの響きだななんて思っています。
2008年09月21日 19:16
ジョットエンジンの燃料代が高くて、海外旅行も何万円もして旅行客は敬遠がちです。それを察知したごとく、ドラエモンではないがスカンクがジェットエンジンになって空を飛ぼうというアイディアではないでしょうか。きっと海外に会いたい人が待っているのかもしれません。
2008年09月21日 21:45
えっ、スカンクって空を飛ぶの? って一瞬思ってしまいましたよ。
何だ、夢ですか。夢の中ならヒゲおやじも飛びますよ。でもあの落ちていくときの感覚、凄いですねえ。一気に何千メートルも落果するような気分ですよ。そう言えば最近そんな夢を見ていませんねえ。若い頃は落ちる夢をよく見ました。ひゅーーーってね。奈落の底に。その時は身体が浮いていることを体感します。もしかして優待離脱か? ウソウソ(笑)。
2008年09月22日 01:04
aostaさん
空飛ぶスカンク!・・・娘がまだ幼かった頃、中田喜直の「こどものためのピアノ曲」集をとても気に入って、ブルグミュラーなどと一緒に発表会で弾いたことがありました。第16曲目は「夢のお話」という曲なんですよ。丁度そんな時期にダーク・ダックスの依頼でサトーハチローが作詞、中田喜直が作曲した「スカンクカンクプー」と言うとっても楽しい童謡のが作られました。初山滋の挿絵入りの楽譜がデザインも良く素敵でした。かれこれ40年以上も前のことゆえ、今もその楽譜とレコード持っているのかどうか?確かめてみなきゃいけません(笑)。
aostaさんのご覧になった、それこそ童話的でファンタジックな夢、alexさんの夢判断も
なかなかのものですね!感心。アートなブックエンドは舶来品?どこで見つけられたんですか。それこそ夢のあと?さき?・・・
イエローポスト
2008年09月24日 08:33
柳田邦男の奥さんで童画作家である伊勢英子さんが「はじまりの記憶」共著のなかでミーハーの鉄則は「好きなものは好き」「好きな鳥」「大好きな汽車旅はやめない」享楽主義で同時に禁欲主義であると同時に耽溺したように見えて自分を見失わない。
道造、グルード、ゴッホ、ゴーシェ、GLAY、ジュリー(澤田研二の帽子の傾きかぶり)各皆様どうしてこんなにミーハーなのでしょうと。この人に頼めば、スカンクが飛ぶ絵を描いてくれるかもしれません。
2008年09月26日 08:31
◇alexさん

おはようございます。
お返事遅くなってごめんなさい。

>気が重かったことが明るみに出て・・・またはそれを望んでいる?

これはまさにその通りのように思います。
スカンクは、表向きの印象が悪い「問題」の象徴かもしれません。
そして小さすぎる羽根が意味するものは、開放。

alexさんの分析で、改めて気がつくことが多くてびっくりしました。
なんだか、本当にぴったり合っているような気がします。
遠くまで確実に飛べる羽根がほしいです(笑)。
でも少なくとも、わずかであっても「飛ぶ」ことの自由と意味を知りました。
何度も着地しながらでしょうが、昨日よりは今日、今日よりは明日。
より良い方向へ向かって行きたいですね。

2008年09月26日 08:34
◇イエローポストさん

おはようございます。
スカンクのジェットエンジン!!
ファンタジックなイメージですね。
エンジンともなると羽根だけでは頼りないかもしれません。ほかに当てにできる推進力といえば、やっぱり、あれでしょうか(笑)。
スカンクですもの!
2008年09月26日 08:40
◇ヒゲおやじさん

コメントありがとうございます。
落ちてゆく夢、怖いです!!
何が怖いって落下の感覚ほど怖いものはありません。その昔、子供たちと初めてディズニーランドに行って、初めて乗ったのが「スペース・マウンテン」でした。
子供たちは大喜びでしたけど、私は死ぬほど怖かった!本当に涙が出ました。生きて地上に降り立ったときは安心してまたもや涙が・・・
今思い出してもざわざわ寒気がします(笑)。
2008年09月26日 08:52
◇sonnet さん

おはようございます。お返事お待たせして申し訳ありませんでした。
中田喜直が作曲した「スカンクカンクプー」、残念ながら存じませんが、題名だけで何とも楽しい雰囲気が伝わってきました。
おまけに初山滋の挿絵入りの楽譜ときては、興味深々のaostaです(笑)。
初山さんの繊細な色使いとタッチは、武井武雄とはまた一味違う詩情にあふれていますね。

ブック・エンドに関しては、ブログを立てるさいあわててネット検索してお借りしたものです(笑)。
でも、ちょっと素敵なデザイン。スカンクをブックエンドという発想も愉快です。お値段がもう少し手ごろなら私も欲しいのですが・・・
詳しくは添付アドレスでご確認ください。

というわけで「夢のあと」の出会いでした。

2008年09月26日 08:58
◇イエローポストさん

再コメントありがとうございました。
伊勢英子さんですか?
sonnetさんの初山滋に続いてまたもや私の好きな画家が登場して嬉しいです。伊勢さんだったら「空飛ぶスカンク」をどのように描いてくださるのかしら。想像するだけで楽しくなりますね。

「好きなものは好き」には大賛成!!
好きに理由はありません。だって、好きなんですもの(笑)。

ちょろえ♪
2008年09月30日 17:15
 aostaさん、ご無沙汰しています。お元気でしたか?
私は、ようやく社会復帰にむけて、はじめの一歩を踏み出したところです。また、お邪魔させてくださいね。
 スカンク…。ブックエンド、かわいいですね。特にしっぽが!
「ああ、無臭」ですか! ナイスですっ!!
aosta
2008年09月30日 21:00
◇ちょろえ♪さん

こちらこそすっかりご無沙汰していてごめんなさい、です
最近パソコンの調子が悪くて、更新できずにいます。

スカンクの夢、いったい何のお告げなのでしょう(笑)。
吉兆であればいいなと思います。

>社会復帰にむけて、はじめの一歩を踏み出したところです

実は私も!
正確には社会復帰とは言わないのかもしれませんが、仕事始めました。
ああそうだった、と忘れていたことをいくつも思い出しながらの「社会復帰」第一歩です。
ちょろえちゃんに笑われないようがんばりますね。

2008年10月01日 19:59
aostaさん、再びお邪魔します。
いっしょに踏み出せる方が、aostaさんだと心強いです。
まだまだ よちよち歩きですが…。
 “ああ、そうだったと-”
物凄く解ります! 懐かしくて、どこか新鮮で。
ちょっとでも社会の歯車になれて、嬉しいです。
がんばるの、ごいっしょさせてくださいね!
 スカンクの夢、吉兆だと、私も信じます!!!
aosta
2008年10月02日 05:39
◇ちょろえ♪ちゃん

おはようございます。
再コメント、ありがとうございます。
そうですよね!一私も人よりはどんなにか気強いか。
でも私のブランクのほうが何倍も長いですよ(笑い)

”そんなはずでは”といったことにならないようにしたいです。

今日も良い一日になりますように!!
2008年10月23日 16:37
突然お邪魔します。先ほど貴女様の「07,02,12てふてふが韃靼海峡を・・」にお邪魔しました。韃靼海峡を渡ったのはあさぎまだらかどうか知り他かったからです。どうかお教えくださいますようお願いします。なお当方へもお越いただければ幸甚です。
aosta
2008年10月25日 04:58
◇ひょうすけさん

こちらにもご丁寧にありがとうございます。
07年2月の記事に、頂きましたコメントのお返事を書かせていただきました。ご期待に添える内容ではないと思いますが悪しからずお許しください。
2008年10月27日 20:11
お知らせとお願いです!!!

こちらのブログが継続不可能になってしまいましたので、
新しいブログを立てました。
URLを御参照ください。
今までのブログ同様、足をお運びいただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。
坂本誠
2008年12月29日 08:15
おはようございます。
僕が最初にこのスカンクの写真を見た時は、スカンクだとは思いませんでした。
本当に。
写真も小さかったこともあるでしょうけど。
僕は、このブックエンドが何かの王子様のように見えました。
このスカンクの尻尾の部分が頭で、髪の毛が大きく逆立っているのですね。
で、手で、本をとめていると。
このスカンクの頭の部分は尻尾か何かに見えました。
ですので、「スカンク」と言われて、初めて「スカンクなのだ」と思いました。
見る者の違いによって色々と見れるのですね。
では。
2008年12月30日 07:21
◇坂本さん

コメントありがとうございました。

>このスカンクの尻尾の部分が頭で、髪の毛が大きく逆立っているのですね

そういわれて改めて見てみましたら、なるほど!
毛を逆立てた王子様が見えてきました。
同じものでも見方によって全然違うものが見えるということはよくありますが、スカンクが王子様だったとは!!うかつでした(笑い)。
物にとらわれない坂本さんの感覚、とても素敵だと思います。
書記
2009年09月09日 10:40
実は、これ予知夢だったりして?
スカンクではなく熊さんだったみたいですけど(笑)
森の中で熊さんに出会わないよう気をつけましょう!!
2009年09月09日 10:45
書記さん、お久しぶりです。
コメントありがとうございました。
夕べ、コメントを拝見し今朝御返事を、と思いましたら、えっ??
コメントが消えてる!!
慌てて復旧いたしました。ごめんなさい。

熊、お互いに注意いたしましょうね。
今朝のLcvのニュースでもやっていました。トウモロコシ畑、悲惨な状態のようです。
ところで、新しいブログを開設したことをまだお知らせしていなかったようです。
それだけ長いことご無沙汰していたってことなんですねm(__)m
HNに新しいURLがリンクしてますので、ぜひ新宅にもお越しくださいませ。

この記事へのトラックバック

  • ブログお引越しのお詫びとお知らせ

    Excerpt: 9月に更新して以来私の、まったくの初歩的ミスで「消えがてのうた」更新ができなくなりました。 慌てふためいて、じたばたしてみたものの状況を打破する手だてはなく、改めて「part 2」と.. Weblog: 消えがてのうた part 2 racked: 2010-01-24 20:27